英語マンの英会話攻略日記
アメリカ留学経験を持つ筆者が、アメリカ現地で通じる生の英会話情報を毎日少しづつ、しかもわかり易くお届けします。英会話を身に付けてあなたの人生観を変えてみませんか?
プロフィール

英語マン

Author:英語マン
2006年8月米国州立大学大学院を修了してビジネス関連(ビジネスコミュニケーション等)の修士号を取得。2006年10月にアメリカから日本へ永住帰国し、現在は会計事務所を経営しております。

伊藤経営会計事務所
税理士 MBA 伊藤初彦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手間を省くって英語でなんて言う?
手間を省くって英語で何て言う?

ジョギングを始めて健康管理をするようなりました、英語マン伊藤初彦です。

日本語ではしょっちゅう使う表現ではあるけれど、それを英語にするとなかなか出て来ない場合ってありませんか?

英語にし難い表現を増やして行くと、他の人とは差がつくのではないでしょうか。

私も普段から、英語で表現し難いものの研究をしています。少し間違ってそれを覚えてしまうと、ネイティブにそれが通じなかったりする可能性がありますので、一度試してみてその英語表現を使ったほうがいいですね。

というのは、日本語をそのまま英語に直訳しても、ネイティブには通じない場合が多々あるんです。通じないだけなら、まだいいですが、勘違いされてその言葉の意味を取られるともっと辛いですよね。

今日のイケテル英会話
save oneself doing~(~する手間を省く)です。元々、saveという単語には節約するという意味があります。ですから、「お得になりますよ」というようなニアンスがあるんですね。そう、自分が何かをすることをお得にするというような感じになります。それをちゃんと日本語らしく訳すと、手間を省くという意味になるのではないでしょうか。例えば、I saved myself writing a letter by emailing.(メールすることによって手紙を書くことの手間を省いた)というように使えます。

いやぁー、英語って覚えれば覚えるほど、普段の生活が楽しくなりますよね。もちろん、英語以外の外国語を覚えても自分の行動範囲が広まって楽しくなると思いますよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaman.blog94.fc2.com/tb.php/9-06fb6cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。