英語マンの英会話攻略日記
アメリカ留学経験を持つ筆者が、アメリカ現地で通じる生の英会話情報を毎日少しづつ、しかもわかり易くお届けします。英会話を身に付けてあなたの人生観を変えてみませんか?
プロフィール

英語マン

Author:英語マン
2006年8月米国州立大学大学院を修了してビジネス関連(ビジネスコミュニケーション等)の修士号を取得。2006年10月にアメリカから日本へ永住帰国し、現在は会計事務所を経営しております。

伊藤経営会計事務所
税理士 MBA 伊藤初彦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本とアメリカとで違う英会話

日本とアメリカとで違う英会話

今日は早起きをして、朝早く事務所に到着しました。職業柄(税理士)、この時期は大変忙しいです。

でも、この英会話日記だけはさぼりませんよ。英語は毎日少しづつやるのが、上達なコツですから一日に一回も英語に触れないことがあると、たちまち英語力が落ちてしまいます。

今日のテーマは日本の英語の教科書で習う英単語とアメリカで実際によく使っている英単語がちょっと違うというものです。

もちろん、日本の教科書に出てくる英単語をそのまま使っても、大丈夫だと思いますが、ちょっと堅い雰囲気の英会話になってしまうような気がします。

今日は、そんなテーマにあった英語を一つご紹介します。

今日のイケテル英会話
get mad at~(~に頭にきている)です。私達が学校でよく習ったものは、angryでしたよね。確かに、このangryも使いますが、私の感覚からするとアメリカ現地の人は今日ご紹介した単語のほうをより多くつかっていたような気がします。Many people get mad at Japan’s foreign policy.(多くの国民が日本の外交政策のあり方に頭がきている)なんていうふうに言えると思います。

英語を毎日勉強して、新たな人生を迎えてみませんか。きっと楽しい人生が待っていると思いますよ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaman.blog94.fc2.com/tb.php/8-5ca98889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。