英語マンの英会話攻略日記
アメリカ留学経験を持つ筆者が、アメリカ現地で通じる生の英会話情報を毎日少しづつ、しかもわかり易くお届けします。英会話を身に付けてあなたの人生観を変えてみませんか?
プロフィール

英語マン

Author:英語マン
2006年8月米国州立大学大学院を修了してビジネス関連(ビジネスコミュニケーション等)の修士号を取得。2006年10月にアメリカから日本へ永住帰国し、現在は会計事務所を経営しております。

伊藤経営会計事務所
税理士 MBA 伊藤初彦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え?それってそんな意味があるの?という英語
え?それってそんな意味があるの?という英語

外国語を勉強するのは、すごく楽しいですよね。だって、外国語を身に付ければ、他の国の人とコミュニケーションが取れんですから。

しかも、海外旅行に行っても自分が身に付けた外国語が本当に通じるのかどうかという楽しみやワクワク感も味わえますよね。

言葉にはその国の文化があると言います。そうです。本当にそれはあると思います。例えば、日本では食事をする前に「いただきます!」と言いますよね。しかし、英語ではこの日本語に当てはまるものがありません。

日本人が食事を頂けるということをいかに有難く思っているかということが、この日本語独特の表現から推測できますよね。

今日のイケテル英会話
I will be a monkeys uncle.(びっくりした)です。このフレーズで本当にびっくりしたという意味の表現ができるんです。私もアメリカでこのフレーズを使ったことがあります。だから、実際に通じます。実証済みです。イギリス人のようなクイーンズイングリッシュを使うような人に、この言葉が通じるかどうかは、試したことがないので分かりませんが、面白いでしょ?話のネタにもなると思いますので、覚えておいて下さいね。

いやぁ~英語って本当に奥が深いですね。でも、それを探求するのも英語を勉強することの楽しさの一つですよね^^。

明日もお楽しみに!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaman.blog94.fc2.com/tb.php/7-ea248813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。