FC2ブログ
英語マンの英会話攻略日記
アメリカ留学経験を持つ筆者が、アメリカ現地で通じる生の英会話情報を毎日少しづつ、しかもわかり易くお届けします。英会話を身に付けてあなたの人生観を変えてみませんか?
プロフィール

英語マン

Author:英語マン
2006年8月米国州立大学大学院を修了してビジネス関連(ビジネスコミュニケーション等)の修士号を取得。2006年10月にアメリカから日本へ永住帰国し、現在は会計事務所を経営しております。

伊藤経営会計事務所
税理士 MBA 伊藤初彦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩両成敗っていう言葉は英語にもある

喧嘩両成敗っている言葉は英語にもある


英語に関してこんなことをよく質問されます。それは、英語圏の外国人と喧嘩をしてしまって、仲直りがしたいんだけど、どんな風に英語で謝ればいいのということです。


日本語でもそうですけど、誠意を持って謝れば通じることじゃないかなと思っています。ですから、この場合は英語力じゃないくて、意識の問題じゃないかなと思います。


いずれにせよ、喧嘩をしないように普段からよくコミュニケーションを取り、お互いを分かり合いましょうね。ですから、そのためにも日々英会話の勉強に励みましょう。


今日のイケテル英会話
今日は、英会話というか諺ですね。英語にも喧嘩両成敗を意味するフレーズがあるんですよ。それは、It takes two to tango.です。これを直訳すると、タンゴを踊るには二人必要ということになります。ですから、一方だけに責任があるわけではなく、両方に責任があるという意味になるんです。その意味が日本語でいう喧嘩両成敗的な意味になるんではないでしょうか。


英会話を身につけて、新しい生活をしてみませんか。きっと楽しい生活になると思います。今からでも遅くはありません。英語を楽しく勉強すれば、英会話力は向上すると思いますよ。

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaman.blog94.fc2.com/tb.php/33-f9c26c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。