英語マンの英会話攻略日記
アメリカ留学経験を持つ筆者が、アメリカ現地で通じる生の英会話情報を毎日少しづつ、しかもわかり易くお届けします。英会話を身に付けてあなたの人生観を変えてみませんか?
プロフィール

英語マン

Author:英語マン
2006年8月米国州立大学大学院を修了してビジネス関連(ビジネスコミュニケーション等)の修士号を取得。2006年10月にアメリカから日本へ永住帰国し、現在は会計事務所を経営しております。

伊藤経営会計事務所
税理士 MBA 伊藤初彦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冠詞で意味が変化する英語

冠詞で意味が変化する英語

英語で使う冠詞(the, a, an)という概念は日本語にはありませんよね。ですから、日本語を母国語する人達にとってこの冠詞を理解するのはとても難しいんです。

英語文法の中でもこの冠詞と前置詞をマスターできれば、後は悩む点がないと言われるほどです。

ある言語学の教授の話ですが、この冠詞の使い方を完璧に理解させる本があれば、その本は間違いなくベストセラー級になるそうです。

私もこの冠詞には長い間悩まされました。今では前ほど冠詞で間違えることはないんですが、今だにたまに間違えることがあります。

英語を母国語としている人達は、この冠詞でミスをすることはまずないそうです。一見簡単そうなことがなぜこうも難しいんでしょうね。ある意味永遠のテーマかもしれません。

そこで、今日のイケテル英会話ではこの冠詞をテーマにした例を一つ取り上げます。

今日のイケテル英会話
皆さんは”Do you have the time?”をどのように訳しますか?皆さんの中には、これを「あなたは時間がありますか?」と訳される人もいるかと思います。実は、これは「今、何時かわかりますか?」と訳すのが正しいんです。なぜなら、timeの前にtheがあるからです。この冠詞が無かったり、someなどが付いていれば、「あなたは時間がありますか?」となります。こんなちょっと違いで意味が変わってしまうんですね。

英語も日本語も奥が深い言語です。その奥の深さを探るのも英語を勉強することの一つの楽しみです。英語をマスターして新たな人生を迎えてみませんか?楽しいと思いますよ。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaman.blog94.fc2.com/tb.php/12-1e22e98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/10/01 10:28】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。